【ナルコレ】★5のうちはマダラ[嘲笑う真の盟主]のステータスと評価

【ナルコレ】★5のうちはマダラ[嘲笑う真の盟主]のステータスと評価

ナルコレ徹底攻略サイトの管理人です。

今回は『★5のうちはマダラ[嘲笑う真の盟主]』のステータスと評価についてお伝えします!

基本ステータス


属性:知


所属:不明(×って書いてある・・・)


獲得場所超超忍祭


コスト:30


最高レベル:80


レベル80での当キャラステータス

※当キャラ=今回は『★5のうちはマダラ[嘲笑う真の盟主]』


★5平均 当キャラ
HP 7601 8500
攻撃力 9672 10145
防御力 7241 8773
素早さ 131 137
回避率 12% 13%
会心率 14% 12%
会心力 152% 145%



隊長スキル


◆嘲笑う真の盟主



効果:全属性の攻撃力が30%アップ&火遁スキルのダメージが20%アップ


スキル


◆火遁・豪火滅却


タイプ:火遁


詠唱速度:普通


消費チャクラ:85


効果:灼熱の炎で豪火の嵐を巻き起こす

敵全体に攻撃力5%+1000のダメージ。確率で炎による持続ダメージを与える



◆うちは返し


タイプ:風遁


詠唱速度:最遅


消費チャクラ:70


効果:敵単体に攻撃力7%+1000の風遁ダメージ

仕様から発動まで攻撃を受けるたびにダメージ増(上限あり)



アビリティ


アビリティ1


◆活動自在


効果:HP50%以上の時に攻撃力が70%アップ&スキルダメージ半減



アビリティ2


◆孤高の夢


効果:5回行動するまで状態異常無効&火遁スキルダメージを100%アップ



管理人の評価


ステは、会心率と会心力だけ★5平均よりも低い。


ただ、攻撃力は突出して強い。


マダラをひいたのなら・・・

隊長候補筆頭!


確実に隊長にすべきってくらい、隊長スキルがやばい。


これまでの最高を塗り替えて、全属性の攻撃力30%アップは強すぎる。


火遁が弱点の任務であれば、なお強い。


スキルの「火遁・豪火滅却」は全体なのに、5%+1000のダメ+炎持続・・・


またステータスがバフされたことで、アビ1が発動しやすくなりさらに倍率もアップ!


火力が非常に高まりましたので、これまでより頼りになるアタッカーになった。


とは言え、火遁のスキルなので有効な任務は限られてくるかな。


ただ、同じような全体スキル持ちの仙人自来也の「仙法五右衛門」と比べても圧倒的にダメージが高い。


また、アビ2もバフされたことで、解放必須のアビになった。


序盤から状態異常をかけてくる高難易度ステージもあるため、5回行動までの状態異常無効化は非常にありがたい。


超忍祭限定キャラとして納得がいく!



※追記 「うちは返し」に関して



うちは返しの詳細というか使い方は、


うちは返し使用



最遅なので発動までに時間がかかる

その間にまだらが受けたダメージを蓄積



うちは返し発動

蓄積したダメージも上乗せ





☆管理人おすすめの方法☆


tap_20151114

14 件のコメント

    • なるほどなるほど!
      ありがとうございます\(^o^)/


      まだマダラひけてないので検証できてないです・・・


      レベル20時点での目安本当に助かります!ありがとうございます!!

  • サソリ任務にてLv.MAX、忍具 草薙の剣・蒼天のクナイ装備 、リーダースキルによる攻撃上昇30%、★5自来也バフによる攻撃上昇40%の状態で発動までに攻撃を3回受けてうちは返しを使用したところ、約18000程度出ました

    • ありがとうございます!!!

      18000やばいw

      なるほど、敵の攻撃力に依存する可能性に懸けるよりも、マダラの攻撃をアップさせまくったほうがダメ多そうですね。


      参考にさせていただきます。
      ありがとうございます!

  • 昨日修正が来てうちは返しが風遁に、アビリティ1がHP50%以上の時に攻撃力70%UP、アビリティ2が5回行動まで状態以上無効と火遁ダメージ100%UPになりましたよ!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>