【ナルコレ】<収集イベント>中忍選抜第二の試験!ドSランク攻略

【ナルコレ】中忍選抜第二の試験!ドSランク攻略

どうも!ナルコレ攻略広場の管理人です。


今回は<収集イベント>「中忍選抜第二の試験!」のドSランクの攻略情報をお伝えします。

目玉報酬


うちはサスケ[蝕む呪印]


うちはサスケ[蝕む呪印]

忍具


◆天の書◆

天の書
通常効果:被ダメージ時確率でチャクラ5%回復


固有効果:被ダメージ時確率でチャクラ100% HP50%回復しスキルダメージが30%アップ



◆地の書◆

地の書
通常効果:被ダメージ時確率でHP5%回復


固有効果:被ダメージ時確率でHP100% チャクラ50%回復しスキルダメージが30%アップ



◆サスケ用風鷹手裏剣◆

サスケ用風鷹手裏剣

通常効果:攻撃力が60%アップし素早さが10%アップする


固有効果:攻撃力100%アップ素早さ30%アップ、火遁スキルダメージが50%アップ



ランパート攻略


写真 2016-04-12 18 14 42
敵の忍を一人倒すごとに、天地PT×5を獲得できます。


そのため、

・穴に落ちる

・罠に当たる

・敵の攻撃をくらってしまう


これらは、無視でokです。


とにかく攻撃!攻撃!

って感じで、一人も敵の忍を逃さず倒してください。


ダメージを受け続けて亡くなってもいいキャラを一人編成しておくといいです。

(たとえ、編成している3人が倒されてもS評価を獲得できるので…)



バトルパート攻略


写真 2016-04-12 0 11 23
今回は、本当にドSなの!?ってレベルで簡単です。


天地PTの特効キャラを多く入れた編成(平均レベル26)でいっても、S評価で攻略できました。


編成


特効キャラを盛り込みましょう!


管理人の編成はこちら!


写真 2016-04-11 18 52 00

バフ要員やデバフ要員、アタッカーなど何も考えずに、とにかく特効キャラ盛り込みでも、S評価を取れるので大丈夫だと思いますよー!


ちなみに、こちらの編成では、倍率14.5倍です。



敵キャラドロップ天地PT


天地
大蛇丸⇒3000PT

我愛羅⇒1500PT

ナルト班(ナルト、サスケ、サクラ)⇒1000PT

猪鹿蝶班(シカマル、チョウジ、イノ)⇒1000PT


このようになっていますので、大蛇丸か我愛羅が多く出て欲しいですね( ˘ω˘ )



倒す順番


ナルト班

サスケ→ナルト→サクラ

この順番で倒すことをオススメします。


サスケの「千鳥」が、やや強力なスキルですので、まずはサスケを倒してください。
その後は、ナルト。


で、微回復、微攻撃しかしないサクラを最後に倒すと、事故ることなく安定して勝利できます。



猪鹿蝶班

チョウジ→シカマル→イノ

この順番がオススメかなあと思います。


シカマル→チョウジ→イノ

これでもいいのですが、最初に上げた順番が事故率も少なかったです。


チョウジは高い攻撃力での攻撃、シカマルはバフと麻痺を使ってくる感じです。



前回の管理人のランイベ結果


すみません…。
サボりました( ;∀;)


ファイル 2016-04-12 18 46 49

忍具を一つ取りこぼしてしまいました…。


そこで運営さんにお問い合わせしたところ…


管理人:

ランイベで獲得できるキャラは「先行配信」と記載されていますが、忍具も先行配信なのでしょうか?

もしそうなら、後々に獲得することは出来ますか?


※運営さんのコメントを掲載するのはNGなので、返信内容を要約すると…


運営さん:

ひ・み・つ♡


やはりか…


これに関してはちょっとこれ以上調査できないため、予想の域を抜けないのですが、忍具もキャラ同様にあとから獲得することは出来ると思います!(そうであってほしい!)



今回のイベの感想


今回から色々と変わりましたね\(^o^)/


ランイベかと思いきや、ランイベっぽい個人完結型のイベントだったり。


小さく書いてありますが、<収集イベント>というそうですね!


また他に変わったところといえば、特効キャラガチャの10連の価格が安くなったり。


そういえば管理人も引いてみたのですが、


ファイル 2016-04-12 18 46 17

大歓喜です\(^o^)/


ランイベ地獄は嫌ですが、収集イベであれば、今後も定期的に開催してもいいかなーと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>